バイオリン日誌

2007年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バイオリンを習ってみよう

 長いこと憧れだったバイオリンを習うことにしました。
 
 音楽を聴くのは好きでも、楽器を演奏するのは小学生の時に「ヤマハ音楽教室(オルガンやピアノを習う)」へ通っていたくらい。その後もキーボードを買って好きに弾いたりはしていましたが、それからもずいぶん遠ざかっていました。

 ところが、仕事の都合で約3年前に田舎の町から「ちょっぴり街」くらいのところに転居をしたことをきっかけに「何か楽器でも習いたいなぁ」と思うようになりました。
 
 候補は「ピアノ」と「バイオリン」。もうずいぶん離れているとはいえ鍵盤には馴染みがあります。ですが、電子ピアノを部屋に置くとなると…。場所取りますね。一人暮らしの狭い部屋です。
 一方バイオリン。叩けばとりあえず決まった音がでる鍵盤楽器より難しそう。今から習ってどれくらい弾けるようになるものか想像もできません。ピアノと違って楽器の置き場所には問題ないけれども。

 そんなことを考えて迷っていました。そしてもう一つは「転勤」。仕事の都合で転勤があり、場合によっては転居を伴います。今住んでいるところから遠~い田舎に転勤になった時に続けられないかもしれません。

 でも、不定期にやって来る『楽器を弾けるようになりたい、習いたい』という波。何年経ってもやって来る波。あまりにもしつこく何度もやってくるその波に、今回乗ってみることにしました。

「こんなにやりたいんだから、やってみよう!もし弾けるようにならなくても、ずっと『やってみたいなぁ』と思っているだけよりマシ!」ってことで。そして、どうせやるなら、長年あこがれているバイオリンで。

 波が引かないうちに始めなきゃ!
スポンサーサイト

| その他 | 19:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

教室へ

早速バイオリン教室へ申し込みに行きました。バイオリンを習おう!と決意した翌日。
モタモタしていると決意が鈍ってしまいますからね。

以前から、習うなら「ヤマハ音楽教室」だろうと決めていました。なぜなら、私が住んでいるマンションの目の前に教室があるからです(後に、教室によってバイオリンのレッスンがないところもあると知りました)。
個人のバイオリン教室はちょっと敷居が高い感じもしましたし…。

早速「ヤマハ音楽教室」をやっている楽器店へ向かいます。
が、近づくほどにドキドキしてしまい、動悸を鎮めるために、楽器店の向かいの書店に入ります。ここの店には楽譜を置いていないのね(向かいの楽器店にたくさんあるから?)等と思っているうちに気分も落ち着きました。

気を取り直して、楽器店に入ります。
「あの~、バイオリンを習いたいと思っているんですが」と声を掛けて色々と説明を聞きました。
レッスンには
○初心者コース(6ヶ月間、月2回各30分、バイオリンのレンタルあり、終了後も続ける場合は普通のコースへ移行)
○普通のコース(月2回各30分と4回各30分どちらか選ぶ、バイオリンのレンタル無し)
がありました。

初心者コースの月2回のレッスンでは習ったことを忘れてしまいそうな気がしますが、普通のコースでは初回から自分のバイオリンを持っていかなければいけません。バイオリンを触ったこともないのに選んで購入するなんて無理です。

ということで初心者コースに決定です。

自宅の前の教室でもバイオリンのコースはありましたが、私の都合の良い曜日に空きがなく、申し込みに行った楽器店に併設の教室に通うことになりました。

始まりは申し込みの翌月からと決まっているそうで、初レッスンは2月14日。1ヶ月先の話になります。
待ち遠しいですが、申し込みを終えて一歩踏み出した感あって、満足な気持ちでした。


ドーナツ

申し込みを終えてホッとしたところで帰宅。帰りに寄ったDONQでプレーンスコーンとドーナツを買いました。午後3時頃の昼食兼おやつ。おいし。

| その他 | 00:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気分を盛り上げるお買い物

初レッスンまではまだ1ヶ月もあります。
待ち遠しい。

テンションを保つため…いや、予習のために本を購入しました。

ヴァイオリン各駅停車―Guide to the violinヴァイオリン各駅停車―Guide to the violin
(2000/09/20)
森元 志乃

商品詳細を見る

大人になってからバイオリンを始めた方のブログを巡っていて、「参考にした」という方がいらっしゃったので。

あとは、
葉加瀬太郎 スウィートメロディーズ (For Violin and Piano)葉加瀬太郎 スウィートメロディーズ (For Violin and Piano)
(2005/11/25)
葉加瀬太郎、啼鵬 他

商品詳細を見る


大好きな葉加瀬太郎さんの曲、いつか弾けるようになりたいです。
目標は高く!

| その他 | 21:03 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。