バイオリン日誌

2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

つめ

いよいよ初レッスンが近づいてきました

バイオリンを弾くためには爪は短くね、ってことで爪を切ります。
今までは少し爪を伸ばしてネイルを塗るのが定番でしたが、これからは爪を伸ばすこともなくなりそうです。

もっとも、少し伸ばしただけでも二枚爪になったり欠けたりしていたので、気遣いが減りそうです。
以前は爪、結構丈夫な方だと思っていたのですが、最近は弱くなってきた気がします。爪の表面のツルツル感もなくなってきたかも。

爪の縦線は顔のしわと同じだそうで、要するに「老化」です。
…「左手の薬指」の縦線が特に目立つのはひじょ~に気になる現象です

オイル塗って寝よっと。

スポンサーサイト

| その他 | 22:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何のご縁か

今日の夕方、教室からレッスン時間の確認の電話がかかってきました。親切です。

私は教室に通える曜日と時間を先に決めたため、その時間にレッスンができるということで先生が決まりました。体験レッスンなどもせずに申し込んだため、まだ先生にお会いしたことがありません。
普通は体験レッスンをしてみて教室を選んだりするんだろうなぁって後から思ったのですが。

でも、これも何かの縁。N先生(名前は申し込みの時に教えてもらった)、よろしくお願いします!(挨拶の予行演習


++++++++++++++++++++++++++++++++++

明日に備えて…というわけではありませんが、今日はしっかり系ごはん。
ひときわ寒くなったけど、たくさん食べて暖かくして、元気に過ごしたいです。

IMGP0007.jpg

| その他 | 00:12 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Lesson1

やっと初レッスンの日です。慌てる必要はないのですが、早々に仕事を片づけて職場を出ます。
向かったのはデパートです。今日はバレンタインデー。先生にもチョコレートを選びました。

そして教室へ向かいます。入会手続を済ませ、時間までロビーで待ちます。待てば待つほど盛り上がる緊張感。「あぁ、もうダメだ…(何が?)」と思ったところで時間になり、受付の方に案内されてレッスン室へ。

部屋には『バンビ』と名前が付いています。かわいい。

部屋に入り、先生と初対面。「初めまして~」とご挨拶。

「どうしてバイオリンを始めようと思ったんですか?」「楽器は全く初めてですか?」などの質問にぎこちなく答えつつ、さっそく弓の持ち方から。

「中指と親指で軽く輪を作って…握るのではなく支える感じで…」
なるほど(心の声)。
「ではこの弦(A線)を弾いてみましょう」
はい。キ~♪(おぉ!音が出たよ~o(>_<)o)
キ~♪キ~♪キ~♪…

姿勢や弓の持ち方など直されつつ
「では次はこの弦(E線)を弾きましょう」
はい。
キ~♪キ~♪キ~♪…

「では弓を下げる時にこの弦(A線)を弾いて、あげる時にこの弦(E線)を弾きましょう」
キ~♪キ~♪キ~♪…

「次は逆です。今は弦を移る時は弓をはなさないで弾いて下さい」
わかりました。
キ~♪キ~♪キ~♪…

「はい、ではこれをいっぱい練習してきて下さい。次は左手がつきますよ」

こんな感じで30分おしまい。
後の生徒さんがお休みだったためしばし雑談。来月に控えている先生のリサイタルのチラシを貰い、その曲目のことや、年齢が近かったためか学生時代の話などで盛り上がり、ちょっぴり緊張が解けました。
もちろんチョコレートも渡して。


それにしても、自分の体がこれほど言うことをきかないとは驚きでした。
弓の持ち方に気を取られると弓がまっすぐ弦に当たらず、右肘が上がってるよと注意されればそちらに気が行って弓を握りしめています。
「力を抜いて」と言われても、力を抜くってどうするんだっけ?って感じでした。

先生は「そのうちできるようになりますから」と。
そう信じてがんばりましょう。

*弓は軽く支えて弦に預ける
*バイオリンのヘッドが上がり気味
*右肘が(肩も)上がり気味

上の3点を何度も注意されました。

緊張したけど、とっても楽しかった初レッスンでした。
にしても、何度も「どこか痛いところはありませんか?」って訊かれたのが印象的でした。見た目にも余程力が入っていたのでしょうね。
筋肉痛の予感…。

| レッスン | 00:37 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初練習

初めてのレッスンの翌日(つまり昨日)から1泊で出張。なので、レッスンの翌日はバイオリンに触れませんでした。
習ったことをすっかり忘れてしまいそうで恐かったです。

教室からのレンタルで、当面の相棒。よろしく。
violin.jpg

そして出張帰りに消音器も買って準備万端です。

早速練習。といっても「キ~♪キ~♪」を繰り返すだけですが…。
先生を前にしていたレッスンの時と違い、多少リラックスして臨んだものの、まだまだ体に力が入っているようです。
だからでしょう、15分もすると疲れてきました。仕方ないので家事など挟んでバイオリンは休憩。
そしてまた練習…休憩、練習…休憩を繰り返しました。
慣れてくれば続けて練習できるようになるかな。


消音器は金属製を購入。付けて弾いてみたところ結構大きな音がしている気がしましたが、外して弾いてみて、ちゃんと効果があることが分かりました(当たり前ですが)。消音器を付けても耳元で音がするので大きく聞こえます。
レッスンのある日は空いていれば1時間無料でレッスン室を借りられる(レッスンのない日は有料¥420/時)とのことだったので、活用して、ちゃんと消音器無しでも練習しなくては。
自宅で大きな音が出せない人は普段はどこで練習しているのかな。やっぱりカラオケボックスかな。

| その他 | 22:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

肩凝りだ~!

さて、今日も練習です。

先生は「単調で退屈かもしれませんけど、発声練習のようなものですから」と言っていました。確かに弾ける人にとっては退屈かもしれませんが、超初心者の私にとっては退屈どころの話ではありません。

まだ体の力も抜けてはいないのですが、それでも練習毎にすこ~しずつマシになってきてはいるようです。だから、昨日より少し連続して練習ができるようになりました。

もともと肩凝りなのですが、この数日はますますひどく。先生も「肩凝りでね~」って言っていたから、これはずっと続くのかしら。
日常生活からしたら、かなり不自然な体勢だし。


***************************************

ちょこ


バレンタインデーにチョコレートをもらいました。
お酒の効いたトリュフ。練習後の栄養補給に♪

| その他 | 23:47 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鏡の前にて

今日の昼休みは「ヴァイオリン各駅停車」(過去の記事)を読みながら。食後は、本の図解とにらめっこしながら弓の持ち方をペンで復習しました。

帰ってからは、鏡を移動し(鏡のある部屋は寒い)、鏡の前で練習。う~ん。弓が激しく斜めになったりはしていないけど、ちょっとぐらぐらしてるかな…。右手で弓を「握らず支える」っていうのが難しいです。

気が付いたら右手の小指がつっかえ棒のようにピンと伸びていて、左手で手伝わないと弓から離れないくらい自由を失っていました。ホントは自然に曲がってないといけないのよね~と思いながら何度も直しました。

小指がコキコキいってます

| その他 | 23:48 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

少しは慣れてきました

本日も鏡をよいしょっと運んで練習です。

相変わらず開放弦を「キ~キ~」とやっています。どちらかというと何でもせっかちな方なので、とくに「ゆっくり丁寧に」を心がけています。

弓の持ち方はなかなか安定しません、なかなかいいかも!と思っても、それが長続きしません。練習したらその「なかなかいいかも!」という状態を長く保てるようになるのかもしれませんね。

最初に練習した時には「こんなに疲れるなんて」って思ったものですが、少し慣れてきたのか、続けて練習できる時間が長くなってきました。
それにしても「力を抜く」ってことがこんなに難しいとは…。

| その他 | 23:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

音が…

今日も相変わらずの練習です。
練習にバリエーションを出しようがないのですが、弓の早さをとてもゆっくりにしたり、少し早めにしてみたり。相変わらず弓の持ち方は不安定な感じ。

消音器を付けていますが、夜の練習は音が気になります。試しに弦に指を置いてみたら結構音が小さくなりました。開放弦での練習なので大きく響くのでしょうか…。それともちゃんと弾けていたら左手が登場しても開放弦と同じに響くのかな?

明日から一泊で出張です。バイオリンにさわれず残念。
帰ってからバイオリンに触れるのを楽しみにがんばってきます


| その他 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

帰ってきた~

出張から帰ってきました。
帰ってきたのは夜8時頃。遅くなるといけないのでとりあえず食事の前にバイオリン。
でも、疲れていたのでほんの少しの練習でした。全然触らないよりはいいかと。
明日はお休みなので、しっかりやろうと思います。

あ、今日は右手の小指が突っ張らず自然に曲がりました
良い兆しかしら。でも先生に見てもらわないで練習しているので、変な癖がついていないかは心配です。やっぱり月2回のレッスンでは心細い…。


| その他 | 21:45 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さむっ(>_<)

今日は風もあって寒い一日でした。

バイオリンの練習は夕方と夜に30分ずつくらい。「力が抜けている」状態からはほど遠いですが、30分は続けて練習ができるようになりました。最初は5分位練習しては休憩を挟んでいたので、進歩です。

☆気が付くと弓を握ってしまっている
☆弦の上を弓が滑ることがある

気になった2点。

今週の木曜日は2回目のレッスン。待ち遠しい。

同僚の結婚式に出席するため、妹が泊まりにきました。
披露宴ではご夫婦でバイオリンとチェロの二重奏を演奏したゲストがいたそう。ステキです。

***************************************
今日はドライブに出かけました。曇り空で絶景とはいきませんが、雄大な山を望む温泉に浸かり、
小雪の舞う中露天風呂も堪能。
良い気分転換になりました。また行こっと。

keshiki.jpg

| その他 | 22:29 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バイオリンの構え方

今日の練習は帰宅してから30分ほど。

実は少し前から気になっていたことがあります。それは練習をしていると少しずつ、上半身が足に対して左にねじれていくのです。気を取り直して体を正面に向けても、やっぱり気が付けば体をすごくねじって弾いています。

なんでだろ~、と思っていたのですが、今日気付きました。
バイオリンのヘッドの上下には気を遣っていたのですが、向きには水平もあるのだと。私のバイオリン、とっても左を向いていました。極端に言えば真横に構えている感じです。
だから、上半身がバイオリンを追いかけるように左にねじれて、ついでに右肩は常に上がり気味で疲れます。

基本的なことなのですが、気付いた時には心から「なるほど」と思ってしまいました。
レッスン前に気付いて良かった。明日と明後日は気をつけて練習することにします。

今度のレッスンから左手登場です。
ということは、チューニングも。チューナを持っていないのですが、どんなのを買うといいのでしょうか。ネットで見たら色々あるみたい。
音叉は実家にあるんだけど…(^_^;)。

| その他 | 22:41 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

松やに発見

昨日、今日の練習でバイオリンの構えを少し修正したので、体の「ねじれ」がなくなって、少し楽になりました。

今日の練習を終えてバイオリンをケースにしまう時に、ケースに付いている小物入れを開けてみました。
いかにも「ここをつまんでひっぱってくれ~」と言わんばかりの部分があったのですが、今まで無視していました。が、突然思い立ちまして。そしたらそこがぱかっと開きまして。中からころんと出てきたのは…多分松やにです(初めて見たので^^;)。

思ったより固いのに驚きました。「これを弓に塗るんだ~」と思ったものの実行せず。今日の練習は終わったことだし、明日先生に付け方を習うことにします。
昨日今日と弓が滑るような感じがしていたので、松やに付けてあげたらマシになるかもしれません(いや、私の弾き方の問題かも…)。


私の知っている松やにと言えばハンドボールをする時に指先に付けるもの。平らな缶にキャラメルを流し固めたようなもので、硬さは…スティック糊くらい?硬めのヘアワックスくらい?
高校時代一瞬だけハンドボール部のマネージャーだったことがあり、しばし思い出に浸りました。

そして明日のレッスンに備えて意気込んで爪切り。
緊張せずにレッスン受けられるかなぁ…(と思っただけで緊張(^_^;))。

| その他 | 23:22 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Lesson2

今日は2回目のレッスン。レッスン前にコーヒーショップでおやつとカフェラテ。レッスン中にお腹が鳴ったら恥ずかしいので。

教室には30分前に到着。空いているレッスン室を借りて練習しました。消音器を付けないで30分練習していると耳が痛い…。通気口を通して隣のレッスン室のトランペットの音が聞こえてきました。私のへたくそな音も聞こえていたんでしょうね(-_-;)。

そして、いよいよレッスンです。
最初に先週習った開放弦のボーイング。弓の持ち方を少し直されました。緊張して弓が震えましたが、先生は「そのうちコントロールできるようになりますよ」と。そんなものですか。

次に左手登場。A線に指を置きます。先生に言われるまま(1-23(4は休み))。く~、指が攣りそうです。先生に手首の角度を直してもらってちょっと復活。
そして同じようにE線に。左手を意識しすぎて弓がよろよろになりました。
「弓はしっかり弾いて下さい」  ですよね~(心の声)
最初は自分が何をやっているのか分からなかったのですが、それが音階になっていると分かると、何となくそれなりに指もついてくるようになりました。

これは『イ長調』ですか?合ってますか?
ともかく音階が弾けて感激です。絶対音感のない私には「ドレミファソラシド~♪」と聞こえます(こんなこと言ってると譜面を見た時混乱しますね)。

「この指使いで教本の10まではいけます」と先生。
そうなんだ~。ところで肝心の教本は何を使うんでしょうか?という質問はできませんでした。

次のレッスンは来週の木曜日。
「きらきらぼし」登場の予感。

| レッスン | 23:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愛のあいさつ

今日は仕事を早く終えて帰宅。近所迷惑になりにくい時間に練習ができそう!と思いましたが、同居人()が「メシ~!メシ~!」と叫びまくるため、あきらめてとりあえず夕食。

気を取り直して、夕食後に練習開始。
まずは開放弦でボーイング。そして昨日習ったイ長調の音階。
「きれいな音になれ~」と念じつつ、なるべく丁寧に。昨日のレッスンのようにボーイングがよろよろにならないように気をつけながら。
音程は…ま、これからでしょ。側で聴いている人がいたらイライラするに違いない不安定さ。

今日の練習は1時間くらい。平日にしては時間がとれた方。
左手が登場したことで、ひたすら開放弦を「キ~」っとやっていたこれまでより練習のバリエーションが出て、やりやすくなりました。


先生が3月に出席する結婚式の余興でカルテットで数曲披露するらしく、「愛のあいさつ」の触りをちらっと弾いてくれました。いつかは私も…
道のりは遠い。練習がんばりマス。

| その他 | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。