バイオリン日誌

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サマーコンサート

地元大学オーケストラのサマーコンサートに行ってきました。

曲目は
1 ワルツ「春の声」     (J.シュトラウスⅡ)
2 「アルルの女」第一組曲     (ビゼー)
3 交響曲第5番ホ短調     (チャイコフスキー)
アンコール ラデツキー行進曲  (J.シュトラウスⅠ)
 
でした。
サマーコンサートとはいえ交響曲も入っていて、定期公演と変わらない豪華さです。

演奏は若い、瑞々しい感じがとてもよく出ていたように思います。プロオケの落ち着いた安心感とはまた違う良さがありました。特に「春の声」はキラキラとしてまさに春!という好演でした。
また、1曲1曲に対する集中力がすごい!って感じでした。


私の先生はこの大学オケのOBで、現役時代はコンマスを務めたそうです。
先生もこうやって演奏したんだなぁ…などと感慨にふけりながら聴きました。

自分の母校のオケの演奏会も、機会があれば行ってみたいですね。
スポンサーサイト

| コンサート・イベント | 10:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。