バイオリン日誌

2008年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Lesson11

1週空いて待ちに待ったレッスンです。

…なのに。爪を切り忘れて出かけてしまいました
出勤するバスの中で気付きました。
今までこんなことなかったのに。昨日の夜も練習したので、すごく伸びていたわけではないのですが。
レッスン前に爪切り買いに行こうなぁなんて思っていたのですが、職場について化粧ポーチを見たら何と爪切りが。やったぁ!ってことでお昼休みにプチプチと爪を切りました。
職場で爪切りなんておじさんみたい…。せめてティッシュの上でそっと切りました。間違ってもゴミ箱の上で直接…なんてしませんでしたよ。ま、余り変わりませんけどね。


そんな事を経てレッスンです。

今日は「むすんでひらいて」。
何度か弾いてみて、弓の位置を直されました。真ん中から弾き始めてどちらかというと元弓側で弾いていたのですが
musunde1.jpg

弾き始め(青の矢印)は先弓3分の1位からスタート。最初の一音で先弓まで使って、のラところで弾いた時に弓のスタートした位置に戻るくらいの感じで弾くと「優しく」弾けますよと。
今まで元弓でガシガシ弾いていたのが先弓だと柔らかな音になりました。
(バイオリンを習っていない方へ:曲の初めのは弓を下に引くという印です。この場合弓は音符毎に↓↑↓↑の繰り返しです。)

それから、フレーズの終わりは弓を止めない。
musunde2.jpg

がフレーズの終わりのシルシ。「手を打って結んで」って感じですが、思わずホッとするのか弓が一旦止まっているようなのです(自覚無し)。弓を止めるのはスタッカートや休符がある時だけ!後は常に弓は動かすんですよ~とのことでした。


今日の先生。教室へ入るなり「首が痛いんですよ~。」っておっしゃいました。寝違えたそうです。左側には首は回るので、バイオリンを弾くのには支障はないようでした。
「のだめ」にそんな話があったなぁって思っていたら、先生も「『のだめ』に首を寝違えてっていうのが出てきますね」っておっしゃってました。
先生も「のだめ」読んでるんだ…
スポンサーサイト

| レッスン | 23:27 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。