バイオリン日誌

2008年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Lesson13

昨日は用事があって、仕事を休みました。お陰で大雨の時間にバイオリンを持って歩く必要はありませんでした(夕方レッスンに出かける時は小降りでした)。
はやくレインカバーを買わなくては…。

昨日も1時間ほど早く教室へ行き、空き部屋を借りて練習。「大きな音で練習するように」と言われていたので、ここでは思い切り大きな音で練習しました。気持ちいいです。


そしてレッスンへ。

今日は私の次にもレッスンが入っているため、雑談もそこそこに宿題の「かすみか雲か」を弾いてみることになりました。2回弾いて、「はい。いいですよ。」と。あっさりですね~。もうちょっと粘って欲しい。←?。

次の「ロングロングアゴー」。「見てきましたか?」と訊かれて「はい、少しだけ…。」と答えたものの、実は結構練習してます。これも2回弾いて「はい、いいでしょう。」と。
毎回宿題を出される時に練習のポイントを訊くようにしていたのでこれを聞き損なっては!と思い、質問してみました。2分休符が初めて出てくること、3番線が初めて出てくること、強弱記号が細かく登場すること、だそうです。


で、次は「鈴木鎮一大先生」(先生がそう言ったんです!)の「アレグロ」。
アレグロ

これはさすがにはい、合格!とはいきません。
練習ポイントとしては 「2 3」部分、2の指を弾いて3を弾く時2の指を離す。これは「むすんでひらいて」でも出てきた指遣いで、自然にやってました。
」部分、前の段から下げ弓が続くところで、弓を戻す動作が毎回入ります。弓をしっかり戻すように(私は弓の真ん中くらいまでしか戻っていませんでした)。
そして 「」は「ポルタート」。音を柔らかく切って弾く。テヌート(-)との弾き分けがいまひとつ分からなかったのですが、先生から「スタッカートの仲間だと思って下さい」と言われて何となく分かった気が(「気」だけ;)。

そして、これは宿題云々ってわけではなく「dolce」は甘く、柔らかく。イタリア語でデザートのことですね。アイス以外の。」「アイスはジェラートですね♪」という会話の後、ハーゲンダッツドルチェの話でしばし盛り上がりました。


来週は私の都合でレッスンを月曜日にしてもらいました。
練習間に合うかなぁ~。


スポンサーサイト

| レッスン | 22:36 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。