バイオリン日誌

2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

健康診断2

バイオリンを買った工房に、バイオリンの調整に行ってきました。

バイオリンを渡すと、すぐ側で作業開始。一部始終を見学できました

まず、指摘されたのは駒のゆがみ。これは自覚がありました。消音器を付け外しする時に少しずつゆがんでいたのかもしれませんが、自分で直す勇気はありませんでした。
まずそれを直してもらいました。
ひっくり返したり横から眺めたりして全体を点検。
バイオリンのあちこちをノックするようにコンコン叩いて点検。
それからバイオリンを弾いて、響きを確認し、魂柱を調整。
アゴ当てにゆるみが無いか確認。
そして私が爪で付けてしまった傷にちょちょっとニスを塗って終了でした。

弓は反りを確認し、アジャスター部分に油をさしてくれました。


夏場はニカワがはがれてしまう事故が多いとのこと。私がおじゃました時にも、本体からネックが外れてしまったバイオリンが修理を待っていました。
暑いところに楽器を置きっぱなしにしないよう、くれぐれも注意されましたヨ。気をつけましょう。


次は「弓の毛替えをしたほうがいいですね」ってことでした。毛が伸びてますから、と、弓を最大限緩めて見せてくれました。確かに伸びているように思えましたが、何しろ新しい時はどうなのかを知らないのでよく分かりませんでした。
弓の毛を変える時には、交換前と後の写真を撮って、比べてみようと思います。

スポンサーサイト

| その他 | 21:05 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。