バイオリン日誌

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

松脂について

先日のレッスンのときに、先生が私の弓に松脂をつけてくれました。先弓の方で音がかすれていたので。実はその前の週にも、レッスン中に先生に松脂を付けてもらったのです。
決してその間ほったらかしにしていたわけではないんですけど。そろそろ毛換えをするタイミングなのかもしれません。

で、先生はまず弓の松脂をさっとふき取って、様子を見ながらそれは丁寧に松脂を塗ってくれました。「元弓、中弓、先弓とも、同じ力加減で弾けるように塗るのが理想で、そうするととっても楽に弾けますよ」ってことでした。

そのときは「そうは言っても、松脂の微妙な加減で差が出るのは上手な人の場合で、私みたいなレベルの話じゃないのでは?」と思ったのですが…。
帰宅して、練習を始めて驚きました!まるで別の弓で弾いているみたいに、弓のどの部分でも軽~く弾くことができるのです。松脂の塗り方一つでこんなに違うなんて。
これからは松脂のつけ方も工夫しようって思いました。

松脂の話をしているときに「今、ほとんど松脂が付いていないので、これくらいになったらつけるって覚えておいてください。」と、先生の弓を貸してもらいました。
「おぉ!!価格にして私の弓のウン十倍の弓!」と下世話なことを考えていたせいか、肝心の松脂の付き具合(というか付いてない具合)はよく覚えていないのですが弓がバイオリンに吸い付くようで、弾きやすかったことは覚えています。
思ったより音が出たようで、先生は「あれ?」って言ってましたが、それはきっと私が先生より力を入れてガシガシ弾いているから。逆に私はもっと軽~く弾くものなんだナって勉強になりました。軽く弾いても、先生が弾くと、私が弾くよりずっと響くんですよね~。不思議。


バイオリンを弾くことそのものも楽しいですが、こういうことに気づくのがいちいちオモシロイ。
次のレッスンも楽しみです

スポンサーサイト

| その他 | 23:05 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奮闘中!

私は普段土日祝日がお休みなのですが、この月曜日は遅ればせながら夏休みをとったので、連休でした。
で、先週忙しくて練習できなかった分を取り返すべく、がんばって練習をしました。

左手の小指は手ごわく、なかなか思うとおりに動いてくれません。
それでもゆっくり練習していると、少しずつましになっているかなぁと思えます。初めてバイオリンを手にして音階を習ったときの苦しみ(?…楽しかったけど苦しかった)に比べたら楽しいくらいです。

が。指が痛くなってきました

なぜか小指ではなく、中指と薬指の第2間接です。どうしてその指?どうしてその場所?って感じです。きっと小指がデビューしたので、何か今までと違う働きをしているんでしょう。

先生に「小指の筋じゃなく、中指と薬指が痛いです。」というメールを送ったところ、「手首から肘にかけての筋肉が疲れてると指関節に痛みが来ます。シップなどは指じゃなく、腕の触って張っているところに貼ってください」と返事が来ました。

お勧めにしたがって、今夜は腕にシップを貼ることにします。ついでに万年凝っている肩にも。

先生が指を痛めたのは「クロイツェル」。
「クロイツェルさらってて指いためちゃってサ~」なんてむしろあこがれてしまいます。不謹慎?

メールのやり取りの最後に先生から来たメールは「おやすみなさい。いい夢を。」でした。素敵っ

クロイツェル

| その他 | 23:55 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。