バイオリン日誌

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バイオリン愛

先日のレッスン。
開口一番、先生が「先日ショックなことがありまして…。」と。
目の前で生徒さんが弓を弓先から落として折ってしまったとのこと。

「パキッてイヤな音がして弓が折れたんですよ!本人もですけど僕もショックで…。かわいそうで、弓が。ちょっとした不注意で長く使えないワケですからねぇ。」

いたく心を痛めている様子でした。

弦の交換を習ったとき(過去の記事)も思ったのですが、先生をみていると、楽器を大事にしているのがよくわかります。自分のも他人のも、高いのも安いのも。
扱いも丁寧で、調弦をしていただくときはあご当てにハンカチを挟むのはもちろん、ネックなど自分がさわったところは必ず拭いてから返してくれます。

バイオリンを長く習っている人には当然のことかもしれませんが、色々見習うことが多いなと感じます。



今朝は。猫の寝言で目が覚めました。
二度寝して再び目覚めると、猫のおしりに腕枕をしていました。和む。


明日から12月だぁ
スポンサーサイト

| その他 | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。