バイオリン日誌

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

葉加瀬太郎アコースティックコンサートツアー2008 ”Classical Tuning”

毎年楽しみに出かけているコンサートです。

今年は、前半はバイオリン、チェロ、コントラバス、ピアノのアコースティックライブ、後半はそれにギターとパーカッションが加わったバンド形式でした。

オリジナルの曲が中心のプログラムですが、

見上げてごらん夜の星を
前奏曲とアレグロ
オープン・アームス
ヴァイオリンソナタ第3番第1楽章(ブラームス)
チャルダッシュ

などの演奏もありました。

ブラームスのソナタの時には、「ただ演奏するだけだと退屈する人もいるかもしれないから」と、ブラームスがどんな人だったのか、当時の音楽をめぐる状況を笑いを取りつつ解説し、さらに1番から3番の何楽章を弾くかはその場で「くじ」で決めるという演出でした。

チャルダッシュはコンサートでも演奏されることが多い曲です。盛り上がります。今回はチェロ(柏木広樹さん)が旋律を歌う部分もあってとてもかっこよかったです。私の後ろの席のお姉様は、コンサートが始まる前から「柏木君、柏木君」と言っていたので、満足されたのではないかな。

曲に合わせて客席がハンドクラップを入れるところでは音が解け合って響いて、ステキなことに。とても音響がいい会場なんです。他にも、簡単な旋律を歌ったりして盛り上がり、最後は「情熱大陸」で締めくくり。

あぁ、楽しかったなぁ…。で普段はお終いなのですが。
今年はひと味違います。
何が違うって、私がバイオリンを習い始めたことです。

つまり ミーハーにも握手会に参加、サインをいただきました。
Smiles.jpg

サイン会の列に並ぼうとする私の後ろを通りすがる人が「葉加瀬さんの音楽は大好きだけど、握手はしなくていいよね~」って言っていたのを聞きました。去年までは私もそう思っていたのです。でも今年は…「なんか御利益がありそうじゃない?」って気分で握手してもらいました。
近くで見た葉加瀬さんは、思ったより大きくなく(ステージでは大きく見えます)、いい人オーラが出てました。


年末には福岡でのツアーラストライブに、母と妹と一緒に行く予定にしています。
そちらも盛り上がって、一年の良い締めくくりになるといいなと思っています。


スポンサーサイト

| コンサート・イベント | 23:33 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。