バイオリン日誌

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Lesson39

今日は、レッスン室に入るなり、
「今度オフ会に参加するんです♪」
と告白(?)。もちろん譜面持参です。

前回のオフ会の時にも先生に色々教わったのですが、オフ会の直前過ぎたので、今回は前もって…。

「何弾くんですか?」

と訊かれたので

* ブーレ
* 春の歌
* 「春」(「四季」より)

です、と。

まず「ブーレ」。鈴木の2巻にも出てきますが、後半が違う曲みたいに違うんですよね。
それから「春の歌」。コレは先生も「楽譜だけ持ってるけど練習したことないんです」とおっしゃってました。それぞれ「こんな感じかな~。」と弾いて下さいました。私のバイオリンで。すてき。
そして「春」。「原曲はシャープが4つです。」と持って行った譜面と原曲を弾き比べ。調が違うとずいぶん雰囲気が変わりますね。

今回は自分で練習を始める前だったので、具体的に「ココが弾けない」と教わることが出来ませんでした。来週はもっと色々訊けるように練習がんばろうと思います。


そして「ガヴォット」です。
090226ガヴォット
部分は前の八分音符のスタッカートと区別するように弓を多めに使って弾く。四分音符らしく。
それから部分の練習を何度も。この小節を予備拍を2拍取って繰り返します。その予備拍のときに頭の中で十六分音符を刻んでから弾く。
曲全体を弾くときは、の音符を弾いているときに十六分音符でカウントしての小節に入るように練習してみて、と。

難しそう…

この練習にはメトロノームがあった方がいいですね(私はPCでフリーソフトのメトロノームを使っています)、というお話をしたところ先生のお薦めは音の大きな、いわゆる音楽室にあるようなもの、とのことでした。
「メトロノームをうるさく感じるときはきちんとしたテンポで弾けていないときです」だそうです。
なるほど~。メトロノーム、買います




そして、レッスンの最後に残念なお話を。

「今日異動の内示があって、佐賀に転勤することになりました。三月いっぱいということで…。」

「えっ?!」  そりゃぁ、「えっ?!」ですよね~。

2年経ったら戻ってきますとお話しすると、
「2年なんてすぐですよ。それに、時々遊びに来て下さい。来られるときはあいている時間をお教えしますので。」
とおっしゃっていただけました。


そうなのです。異動です。
引っ越しです。住むところとバイオリン教室を探さなくてはいけません。
大変といえば大変。楽しみといえば楽しみ。
怒濤の三月になる予感。




090226スターチス
前のバラは二週間もってくれました。
今日はスターチスを買ってきました。少しずつ短くして、こんもりと水に挿すと可愛くなりそうです。
スポンサーサイト

| レッスン | 23:08 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。