バイオリン日誌

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

狩人の合唱3、ロングロングアゴー3、ワルツ1(8月14日)

なかなか追いつきません。お盆休み頃のレッスンです。

「狩人の合唱」
「ロングロングアゴー」
それぞれ数回ずつ弾いて合格もらいました
ただし!!弓の持ち方をちょっと直される。気づかないうちに変わってしまったみたいです

「ワルツ」
続けて2回弾きました。
2009 08 14 ワルツ

*移弦はとくになめらかに。
*普通に弾くと弓先に流れて弓が足りなくなってくる。
 余裕がなくなってから弓を返すと、急いで返さないといけなくなってそこだけ音が大きくなったりするので、弓が余裕を持って足りるように。
 上げ弓が続くが弓の戻しどころだけど、音は大きくなってはいけないところ。
 クレッシェンドの上げ弓部分や、テヌートで上げ弓が続くところでがんばって弓を戻しておくと余裕。


そして、次の「ブーレ」のお手本を弾いてもらってお終い。なめらかに音をつなげて弾くことを意識して練習すること。


一生懸命バイオリンを弾いていると、息を詰めてしまっていることがあります。レッスンの時は緊張するので特にです。
相方さんも緊張すると呼吸が浅くなることがあるそうです。呼吸が浅くなると、指先が冷たくなって、ただでさえ緊張で指が回りにくくなっているのが、さらに動きにくくなるそうです。
弦に弓を置いたら深呼吸して、弾き始める。心がけようと思いました


お盆の少し前に教室の発表会がありました。昨年は聴きに行ったのですが(過去の記事)、今年は行けませんでした。相方さんは今年も講師演奏で数曲弾いたそうです。
この日のレッスンの後、聞き損なった曲のうち、「ユーモレスク」をお願いっ!で弾いてもらいました。本当はきれいに響くホールで聴きたかったけれど…。ひとまず、満足


スポンサーサイト

| レッスン | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。