バイオリン日誌

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Lesson22

今回のレッスンは「習作」。
八分音符がずらずら並んでいるところは「むきゅうどう」と同じ。違うのはG線が登場することです。

先生の前で1度弾いてみたところ

「もっと弓をたくさん使ってください」 と。

そう言われる気がしてました。(←心の声)
わかっていたのに練習で上手にできなかったんです

テンポをゆっくりにして、弓をたくさん使って弾いてみます。
もっとテンポをゆっくりにして、もっと弓をたくさん使って弾いてみます。
もっともっとテンポをゆっくりにして、もっともっと弓をたくさん使って弾いてみます。

…としつこく念入りに繰り返しました。

* 弓をたくさん使うこと
* あせって次の音にいかない (いきたくていってるわけじゃないけど
* 上げ弓と下げ弓で使う弓幅をそろえること

先生が付け足しのように「いや、でも、よくできてますよ。メヌエットもすぐですね」って言ってくれました
褒めるの基本?


「むきゅうどう」は苦しかったのですが、「習作」は練習するのがあまり苦になりません。「むきゅうどう」でがんばった成果でしょうか。
また次のレッスンまでがんばって練習です
スポンサーサイト

| レッスン | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ruddypaw.blog31.fc2.com/tb.php/115-2a7c1a2d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。