バイオリン日誌

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

松脂について

先日のレッスンのときに、先生が私の弓に松脂をつけてくれました。先弓の方で音がかすれていたので。実はその前の週にも、レッスン中に先生に松脂を付けてもらったのです。
決してその間ほったらかしにしていたわけではないんですけど。そろそろ毛換えをするタイミングなのかもしれません。

で、先生はまず弓の松脂をさっとふき取って、様子を見ながらそれは丁寧に松脂を塗ってくれました。「元弓、中弓、先弓とも、同じ力加減で弾けるように塗るのが理想で、そうするととっても楽に弾けますよ」ってことでした。

そのときは「そうは言っても、松脂の微妙な加減で差が出るのは上手な人の場合で、私みたいなレベルの話じゃないのでは?」と思ったのですが…。
帰宅して、練習を始めて驚きました!まるで別の弓で弾いているみたいに、弓のどの部分でも軽~く弾くことができるのです。松脂の塗り方一つでこんなに違うなんて。
これからは松脂のつけ方も工夫しようって思いました。

松脂の話をしているときに「今、ほとんど松脂が付いていないので、これくらいになったらつけるって覚えておいてください。」と、先生の弓を貸してもらいました。
「おぉ!!価格にして私の弓のウン十倍の弓!」と下世話なことを考えていたせいか、肝心の松脂の付き具合(というか付いてない具合)はよく覚えていないのですが弓がバイオリンに吸い付くようで、弾きやすかったことは覚えています。
思ったより音が出たようで、先生は「あれ?」って言ってましたが、それはきっと私が先生より力を入れてガシガシ弾いているから。逆に私はもっと軽~く弾くものなんだナって勉強になりました。軽く弾いても、先生が弾くと、私が弾くよりずっと響くんですよね~。不思議。


バイオリンを弾くことそのものも楽しいですが、こういうことに気づくのがいちいちオモシロイ。
次のレッスンも楽しみです

スポンサーサイト

| その他 | 23:05 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

とっても 興味大!です!

>>元弓、中弓、先弓とも、同じ力加減で弾けるように塗るのが理想で 

それって どんな塗り方^^???

偶然 最近G線の練習してるのだけど ガサガサ 滑るので先弓だけブ厚めに塗ったりしてたンですけどね^^(根拠なく)

先弓⇒厚く   中弓⇒薄く   元弓⇒その中間 

素人考えだけど・・・・こんな感じ・・・なのですか?

それから 上の記事。  私は 人差指が 痛くなるンですけど。
小指を伸ばすのに 踏ん張り過ぎて 手前の指に力が入る・・・そうです。
腕に シップ! イイこと聞きました^^ 

| くらら | 2008/09/24 00:57 | URL |

私もくららさん同様、興味大!です。^m^

練習前には、3回ほど行ったりきたりさせてる。
どのくらい塗ればいいですかって最初に先生に聞いたら
そんなに塗らなくてもいいんですけどねぇ~
という何ともアバウトな返答(;一_一)

くららさん、G線のガサガサ音は弦に弓がのってないからだって
私は先生に言われたんですよ。
しっかりひじ上げてG線に乗っけてから弓をうがかすように!lて
この前注意されました。
くららさんの言われてるガサガサ音がそれだかどうかは
わかんないけど、参考までに!です。(^^♪

| チロル | 2008/09/24 13:14 | URL |

松脂のつけ方、私も興味大!
ruddypawさんの先生のつけてくださった弓で弾いてみたい!
どんな感じなんだろう?
一度ふき取るって、布でふき取られたんですか?
あーん。こんなとき近所に住んでたらねー なんて^^;

| マリ | 2008/09/24 21:38 | URL | ≫ EDIT

☆ くららさんへ

あ、肝心な具体的な塗り方を記事に書きませんでしたね。基本は力がかかりにくい先弓ほど多め(と言ってもつけすぎは×)、弓や腕の重さで力がかかりやすい元弓は少なめだそうです。

どれくらいつけるかっていうのは、バイオリンや弓そのもの、弾き方の個性、松脂の種類、どんな曲を弾くか、発音の好み…諸々の要素によって変わると思います。
だから後は、つけるたびによく研究して自分の好みのつけ方を見つけることかなぁって思います。

私の指もふんばってるe-282んでしょうね。
ひどくならないように大事にしましょうネ☆


☆ チロルさんへ

先生も説明し辛かったんでしょうね(^^;)。「つけすぎ」とか「足りない」っていう状態は説明できても、適度って難しいです。

それから、私も前の曲でG線弾く時はもっと肘上げて~!って言われました。肘が十分上がってないと、弓をまっすぐ引けないでしょ、って。
なるほどねって思うものの、実際弾いているときは、気になることが他にもたくさんあって…。
日々注意してればそのうちできるようになるかなぁって思ってます。


☆ マリさんへ

ほんと、近かったら「先生に松脂塗ってもらったよ~!コレで弾いてみて~!(^o^)/」って弓持っておじゃまするとこですケド。残念。
あ、でも一瞬魔法の弓だったんですが、魔法も解けて、今はすっかり普通の弓に戻りました。私が松脂付けたから(^^;)。

弓の松脂は普通に布でさっとふき取ってましたョ。
松脂が残っていると付け足すのが難しいそうです。

| ruddypaw | 2008/09/24 23:27 | URL | ≫ EDIT

♪ruddypawさんへ♪

何度も ごめんなさいね。

>>松脂が残っていると付け足すのが難しいそうです

って、 練習が終わる都度 弓の毛って 拭くものなんですか?
それとも 床のワックスかけるのと同じ原理で・・・
松脂を付け足す前に 拭きとるって ことです・・・よね^^?


♪チロルさんへ♪

それです! たぶん^^;
そういえば かなり 肘、上げた時は マシですが 
オーバー過ぎないかと遠慮ぎみになってしまうんですね^^;
明日はそこに注意して やってみます^^  
ありがとうございます^^


♪マリさんへ♪

ruddypawさんには おことわりを入れるのに 
いつも 遠慮なくガンガン投稿して ごめんナサイv-421

 

| くらら | 2008/09/25 00:41 | URL |

☆ くららさんへ

床のワックス、そのとおりです!
私の先生は「松脂極控えめ派」なので、練習のたびにつけるのはつけすぎだと思っていらっしゃるようです。
拭いてもきれいに取れるわけじゃないでしょうけど、取れるだけ取ってから次をつけるってことかなと思います(^_^)。

あ、コメント歓迎です!。何度でもどうぞ~♪

| ruddypaw | 2008/09/26 00:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ruddypaw.blog31.fc2.com/tb.php/121-51a6107e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。