バイオリン日誌

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Lesson26

今回も早めに行って練習。教室の受付の方が気を利かせて、レッスンがある部屋の前の部屋を貸してくれました。
で、練習をしているところを先生に見つかり(?)早めにレッスン室へ…。

引き続き「メヌエット第2番」。
ひとまず一通り弾いてみて、今回注意されたのは次の2点でした。

Minuet2-3.jpg
のポルタート。
「好みの問題もあると思いますが…」と前置きした後、「短すぎず長すぎずで。」
私が(?_?)って顔をしていたら、短い・ほどほど・長いを弾き分けて聴かせてくれました。「短い」はスタッカートを効かせた音。「長い」はスタッカートを無視してテヌートで。「ほどほど」は四分音符の分の長さをちゃんと弾いて(テヌート)、次の音に行く前にきちんと止める(スタッカート)
なるほど!と思うもののなかなか難しいです。

Minuet2-4.jpg
もう1点は「」。
の四分音符の最後を弓を抜き気味に弾いた後、そのまま力を抜いてを弾きます。先生のお手本は手は弓を支える程度、弓の重みだけで弾いている感じでした。柔らかく優しく。
音がかすれるのでつい手に力が入ってしまって、何回か弾いてみましたが「まだ手ががんばってる。」って言われてしまいました。
バイオリンを習い始めてから、力を抜くって難しいなぁって思い知りました。


先週は、バイオリンを背負って仕事に行ったものの、先生からメールで「体調が悪いからお休み」と連絡が入ってがっかりでした。聞けば扁桃腺が腫れて大変だったとのことでした。
職場で隣に座っている上司も風邪で喉を腫らしてつらそうです。先週帰省したときは、母も風邪で喉を痛めてガラガラ声になってました。
涼しくなってきたからでしょうか?
皆さん、気をつけましょうね。
スポンサーサイト

| レッスン | 00:07 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こうやって譜面の写真を貼ると、とってもわかりやすいですね。
僕もやりたいんだけど、何しろ面倒だから・・・。

脱力は難しいですよね。
僕は右も左も、力入りまくってるので、練習終った後はグッタリしちゃいます。

| che | 2008/10/18 08:56 | URL |

>>四分音符の分の長さをちゃんと弾いて(テヌート)、次の音に行く前にきちんと止める(スタッカート)
なるほど、です。
イマイチ、よく理解できなかったけど
るぅちゃんの先生は、本当にわかりやすい説明ですね。
ここで、習ってる(笑)
るぅちゃんの先生に授業料払わないとですねv-356

| チロル | 2008/10/18 13:30 | URL |

☆ cheさんへ

写真、貼ってありますけど、恥ずかしいくらい適当でe-330。譜面立てに斜めに立てたまま撮ってるから角度変だし、水平も無視してるし。でも勢いでパシャッと撮って載せてます。まさに面倒だから(^^;)。

私も力が入っているので練習終わったらぐったりです。
cheさんは長い時間練習されるみたいだから、ますますですね!


☆ チロルさんへ

先生の指導は「こんな感じを出したいからこう弾いて」って具体的なほうかもしれません。私も「なぜそうしたっほうがいいのか」ってことを訊くようにしています。

こういうのって大人の教え方だと思うのですが、ちびっ子を教えるときはどうするんでしょうね。
小さい子供を教える先生の様子ってどんな感じか、レッスンを覗いてみたいです。

| るぅ | 2008/10/18 23:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ruddypaw.blog31.fc2.com/tb.php/131-1212032c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。