バイオリン日誌

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

音楽三昧の休日

土日祝の3連休。
以前から楽しみにしていた「マロ塾」に行ってきました。

マロ塾
↑3日間皆勤です!

NHK交響楽団コンサートマスターの篠崎史紀さんがオーケストラやアンサンブルのレッスンをして、それを公開しましょう、というイベントです。
各日朝から夕方までだったのですが、時間の都合で毎日午後から出かけました。私が聴講することができたのは

(1日目)
* 交響曲第5番「運命」第1楽章(ベートーヴェン)
  シンコペーテッド・クロック(ルロイ・アンダーソン)/地元の大学オケ
* アイネ・クライネ・ナハトムジーク第1楽章(モーツァルト)/マロ塾弦楽合奏団
(2日目)
* 交響曲第7番第1楽章(ベートーヴェン)/地元のアマオケ
* ヴァイオリン協奏曲「四季」より『春』(ヴィヴァルディ)/マロ塾弦楽合奏団
(3日目)
* 木管五重奏曲「アメリカ」(ドヴォルザーク/ワルター編)/木管アンサンブル
* ピアノ5重奏曲第1・2楽章(ブラームス)/マロ塾ピアノ5重奏団

(「マロ塾」とあるのは今回のイベントのための特製合奏団で、篠崎さんがトップを弾かれました。)

前回の「マロ塾夏期講習」(過去の記事)と同様、篠崎さんが「こんな感じで」「このタイミングで」「こんな表現で」と指導していって、輪郭のはっきりした表情豊かな音楽が現れる様子は、まるで魔法を見ているみたいでした。

演奏する人を囲むように椅子が配置されていたので「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」のときは、2ndバイオリンの人の真後ろに陣取り、気分は弦楽合奏団の一員
演奏が終わった後に紹介されたのですが、私の目の前に座っていたバイオリンの方はまだヴァイオリンを始めて1年少しだとか。ポジション移動の目安になるところにテープが貼ってあったので、初心者の方なのかな?と思ってはいたのですが、始めて1年で「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」と「春」はすごい。きっとたくさんたくさん練習して参加されたのでしょう。しかも愛知から。
わたしもがんばろう

演奏の後には質問コーナーがあって、オーケストラの裏話など聞けて楽しかったです。
「普段どんな練習をしているのですか?」という質問に対しては「怠け者だし、おいしいものを食べに行ったりもしたいし(笑)、曲を最初から最後までさらうってことはしたくない(もちろん、したほうがいいのだけれど)。水準を保つためにするのは音階練習。それでレベルを保てば、曲はイメージで弾ける。」と。
そうは言っても練習はたくさんされるのでしょうし、今までの積み重ねが並でないのは分かっているのですが、それにしても基礎練習が大事だと。
ここにきて、やっぱり基礎練習。う~ん

最終日、その質問コーナーである女性が「お昼に流れていたあの曲(チャルダッシュ)が聴きたいです」と手を挙げて発言されたので

* ソナチネ(ドヴォルザーク)
* チャルダッシュ(モンティ)

を弾いてくれました。ピアノは前山仁美さんとおっしゃる、篠崎さんが単独で演奏するときに伴奏をされているピアニスト。
思い切って発言した女性に感謝!
で、あまりにも贅沢な「おまけ」でした。

篠崎さんの指導の中には色々な名言があるのですが、今回一番心に残ったのは「本当の音楽はハートの中にしかない」という言葉でした。テクニックはいつも同じ(クオリティの)演奏をするための「保険」なのだそう。
私の先生は「難しい曲が弾けることが上手ってことじゃない」って時折言われます。じゃあ、「上手」ってどういうこと?って思うのですが、ちょっとその問いのヒントになってるかなって思いました。


このイベントを企画された「NPOオーケストラ創造」は、私たちの街にプロオーケストラを、私たちの街を日本のウィーンにということで活動をされています。
今回の「マロ塾」はたくさんの人に音楽のすばらしさを知ってもらって聴衆を育てよう!そして「私たちの街にプロオケを!」の気運を盛り上げよう!という企画です。
いつか、音楽を聴くならこの街に、そんな日がくるといいなぁ。
スポンサーサイト

| コンサート・イベント | 23:54 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 前に書いてたアレですね
三日間皆勤とは熱心ですなぁ

「本当の音楽はハートの中にしかない」いいですね

もちろん演奏技術はあったほうがいいですけど、技術がいくらある人の演奏でも聞いててつまらないのもあるし、技術が無くても上手い!って思わせる演奏もありますからね。
 同じ演奏でも聞く人によって受け取り方も違うので「上手い演奏」って決まったものは無い様に思えます。

聞く人の心に伝わる物って複雑なもんですね

1年少しでアイネクですか。。。。 がんばろ

| のみや | 2008/11/04 03:31 | URL | ≫ EDIT

こんにちは~
マロさん自らの公開レッスンに3日間のご参加、とても充実した連休でしたねv-237
マロさんは、後輩の指導にも力をいれていらっしゃいますよね
ハートのなかの音楽、ですか~
私もいつか、歌うように演奏できたらいいな、って思いながら練習してます
ブログにお越しくださりありがとうございました
私のブログから、るぅさんへリンクさせていただいてよろしいでしょうか?

| そら | 2008/11/04 07:12 | URL | ≫ EDIT

るぅちゃんこんにちは。
いい3日間でしたねぇ~
1年少しでアイネクかぁ…←のんたんと同じになっちゃった(笑)
やっぱり、やる気かしらねぇ~。
私もがんばらなければe-269

私たちの街を日本のウィーンへって志し、いいなぁ~v-352

| チロル | 2008/11/04 15:09 | URL |

るぅちゃんも コンサート!

>>レベルを保てば、曲はイメージで弾ける。」と。

うーーん。 たしかに。とも思えるけど・・・。
イメージで弾けるのは・・・・
別の楽器をしてきたからじゃないかなっと思ったりもします。
いきなり ♪見てイメージ出来ないっ。 私 ^ ^ ;;;

>>ここにきて、やっぱり基礎練習。う~ん
あんだけ 悩んでたもんね・・・・。
やっぱり あの時! 買うべきだったのかな・・・。
閉じてたもんね ^ ^ ;;;

| くらら | 2008/11/04 18:57 | URL |

行きました~

こんにちは。

私も行きましたよ。3日目だけに。

時間は非常に気になりましたが・・・最後のプチコンサート、ラ

ッキーでしたよね。

ピアニストのかたもすごかったですね。

いろいろ勉強になりましたね。

確かに基礎練習は大事みたいですね。

先月から基礎練習始めて・・・・なんか音程とかは、ビビたる

ものであるが前よりましになったみたいです。(先生にほめられ

たし・・・)

あ~あ。5年前に基礎練習、はじめたかったです~・・・。

もっと、上達したかしら・・・。

コンサートのチケットは買われましたか??

| ひよこ | 2008/11/04 21:19 | URL |

3日間皆勤はスゴイ。たくさん刺激を受けられたようですね。
おまけでチャルダッシュですかー。言ってみるもんですねぇ^^??

プロの方でも音階練習されるんですね! 
そうかー、そうなのかー。
音階練習って全然してなかったんですがe-263
明日からがんばろうっと。

愛知の方、すごいですね。すごい情熱だなーと思います。

| マリ | 2008/11/04 21:29 | URL | ≫ EDIT

マロ塾・・・怪しい名前だなぁ。
そしてこのおっさんの顔・・・怪しい!

いやいや、有名な方ですから、すぐわかりますけど、やっぱりマロ塾は笑っちゃいますね(失礼)。
でも中身はちゃんとしていたみたいですね。
こういうのは僕も参加したかったなぁ。

>>「本当の音楽はハートの中にしかない」
これはいい言葉ですね。
今度どこかで使わせてもらいます(笑)。

| che | 2008/11/04 22:55 | URL |

☆ のみやさんへ

風邪引きさんでしたが(^^;)、がんばって3日間通いました。薬を飲むと眠たくなるんですけど、セミナーの間だけはシャキッe-317e-420としてました。
仕事のときはありえないシャキッと具合。

CDと生演奏の違いって演奏する人と会場で聴く人の気持ちの交流があるかどうかだなって最近思います。それが上手かどうかとは別の「いい演奏だった」っていうところに通じるのだろうと。

競争するわけではないのですが、やっぱり1年でアイネ・クライネ・ナハトムジークはすごいですよね。がんばらなくてはって思います。


☆ そらさんへ
そうですね、篠崎さんはジュニアオーケストラの指導なんかもされているみたいです。今回も地元のユースオーケストラのレッスンをされた時間もあったのですが、時間の都合で聴講できず、残念でした。
子どもを指導する篠崎さんも見てみたかったです。

「こんな風に弾きたいな」って思って練習するのと思わないで練習するのではきっと結果が違う気がします。
つい音符を追うのに必死になってしまいますけどe-263

リンク、ありがとうございます。私もさせていただきます^^


☆ チロルさんへ
やっぱり「やる気」ですね!すごいなって思いました。
レッスン中にボウイングが変更になったりして、(たぶん)大変だったんですけど、心の中で彼女を応援してしまいました。

私たちの街がウィーンのようになったら…いいですよねぇe-266ってウィーンに行ったことないですけど^^;。
プロのいい音楽が聴けて、アマチュアの活動も盛んで、しかもよい聴衆が集まる。ステキです。

| るぅ | 2008/11/04 23:22 | URL | ≫ EDIT

☆ くららさんへ
普通はそうですよね^^;。
やっぱり篠崎さんだから。「レベル」って言っても「N響のコンマス」のレベルですからね~。
で、ここで言う「イメージ」って楽譜を見て音楽が思い浮かぶってことではなく、心の中にある表現のイメージです。上の記事で言う「本当の音楽はハートの中にしかない」ってやつです。
私の筆力が足らず…e-330

やっぱりちゃんとした基礎練習は必要なのね、と改めて思いました。レベルを保つどころか、後ずさりしちゃうと困りますからね~!


☆ ひよこさんへ
マロ塾へ行かれた方からコメントいただけるなんて嬉しいです^^。楽しかったですね。

練習のヒントもたくさん頂いたし、音楽を聴くのもますます楽しくなりそうです。

3月のチケットも買いました!
あのピアニストの方がいらっしゃったので、まるで予告編を聴けたみたいでしたね。

ひよこさんはヴァイオリン暦は長いんでしょうか?
また是非遊びにきていただいて、私が行き詰っていたら(いつも行き詰ってます)アドバイスくださいませ^^。

| るぅ | 2008/11/04 23:38 | URL | ≫ EDIT

☆ マリさんへ
私は最前列ど真ん中でかぶりつき状態e-263で聴講していました。目の前で奏でられるチャルダッシュの迫力に多分口を開けてe-263聴き入ってたのではないかと思います。すばらしかったです。

愛知の方、すごいですよね。一生懸命練習して、知り合いもいないのに遠いところ一人で来られたんだなって思うと。情熱って言葉がぴったりです。
話しかけたいなって思ったんですけど、勇気がなくてできませんでした^^;。

私もちゃんと音階練習やります。…やろうと思いますe-263


☆ cheさんへ
私も「マロ塾」って何!?って最初に見たときは思いました^^;。内容は充実のレッスンです。やる気も出ます。
夏のマロ塾のDVDをもらったので、練習やる気が出ないときはe-286これ見て元気だそうかと思ってます。

>>「本当の音楽はハートの中にしかない」
「心」じゃなくて「ハート」ってところが篠崎さんって感じです。
女の子口説く時に使っちゃダメですよ~e-2

| るぅ | 2008/11/04 23:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ruddypaw.blog31.fc2.com/tb.php/139-aa20cdc2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。