バイオリン日誌

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ワルツ2,ブーレ1(8月23日)


「ワルツ」

*音がかすれがちなので、弓の圧力をしっかりめに弾く。
*音の強弱を意識。「ここはピアノ、ここはフォルテ」といった言葉ではなく、曲の抑揚を音でイメージして、それを自分の音に表すようにすること。
*弓をきちんと弦に置いてから弾き始めること。

音の強弱については特に前半が苦手です。「曲の弾き始めは優しく」と言われるものの、優しく弾くと音がかすれてしまうし…
強弱にしろ音色にしろ言葉で考えるのではなく、その曲の理想のイメージを思い描いて、それに近くなるように弾くように心がけるように言われました。

先生「でも、まぁ、イイ感じ。もう終わってもいいくらいだけどね。あとは弾き込めばOKだからね。」
私 「…もうちょっと、練習しようかな。」  なんでそんなこと言ってんの~っ!!
↑なぜか「合格」に自らストップをかけ、引き続き練習することになりました。なんで…



「ブーレ」

「1週間しか練習してないから…。」と言い訳しつつ弾き始める(録音を聴き返すと見苦しい態度…
20090830ブーレ
テヌート部分、 上げ弓が続く部分、音がきちんと独立して聞こえるように、でもぶちぶち切れないように弾く。
*2段目のはじめと6段目の最後の指遣いを意識する。
*4段目「」スタッカートを書き加え。そういうつもりで弾くこと。

それから、ゆっくり練習するようにと言われました。これ、結構言われてます。せっかちな性格が出ている模様。「ゆったり確実に」を心がけなくては


月1回ペースのレッスンが定着してきたのですが、今回は前回から1週間ちょっとで迎えたレッスンでした。
ワルツとブーレ、2曲でしたが、毎日バイオリンを触っていたにもかかわらず、練習時間が足りないままレッスンという感じがしました。
3月までは週1で通っていたレッスンでしたが、1曲ずつ進んでいたので何とかなっていたんだと思います。
練習量にかかわらず、出来たところまでを素直にみてもらえばいいことなんでしょうけど…ネ。

スポンサーサイト

| レッスン | 22:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私は難しかったです、この曲。でも、大好き^^
基礎的なわりには綺麗な曲だし、
特に終わりの辺り、低音から高音に上昇していくニュアンスがとても音楽的でfをfff位な音で弾きたくなります~(駄目だよぅ 笑)

| sirousa-pyonko | 2009/09/03 22:54 | URL | ≫ EDIT

☆ sirousa-pyonkoさんへ

私もブーレ好きです^^。バイオリン弾いてるぅ~e-420って気分にさせてくれて、練習するのも楽しいです。

私はまだ抑揚をつけて弾く余裕があまりなくて、自分ではがんばったつもりでも録音して聴いてみると一本調子というか…e-263

練習、練習!!ですネ

| るぅ | 2009/09/04 22:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ruddypaw.blog31.fc2.com/tb.php/197-bf3cdd69

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。