バイオリン日誌

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ヴァイオリンとオルガンの祈り」(11月3日)

ずいぶん前のことになってしまいましたが…
熊本市内の教会で行われた、ヴァイオリンとパイプオルガンのコンサートに行ってきました。
091103コンサート
ヴァイオリンは篠崎史紀さん、オルガンは黒瀬恵さん。

< 曲 目 >
* 天使の糧 / フランク
* アヴェ・マリア / ビゼー
* アメージンググレース
* 祈り / サン・サーンス
* G線上のアリア / バッハ
* 「マタイ受難曲」より「神よ、我をあわれみたまえ 」/ バッハ
* 前奏曲とアレグロ / クライスラー
* あなたがそばにいれば / バッハ
* 「四つの最後の歌」より「眠りにつくとき」 / シュトラウス
* アダージョ / アルビノーニ
* アヴェ・マリア / カッチーニ
* シャコンヌ ト短調 / ヴィターリ

篠崎さんはヴァイオリンとオルガンの演奏でCDを出されていて(「あ佳音」さんで買えます)そこからの選曲でした。
演奏することが前もって分かっていて、楽しみにしていたのが「シャコンヌ」、演奏してくれたらうれしいなぁと思っていたのは「神よ、我をあわれみたまえ」で、どちらもとてもすばらしかったです。

演奏の他にも、パイプオルガンの仕組みの解説や、曲が描いている場面の説明があって、楽しむことができました。また、私はクリスチャンではなく普段教会に行く機会がないため、教会という場所そのものに特別感があって、ちょっとドキドキしました。


相方さんが篠崎さんと知り合いなので、少し早めに会場に行ってリハーサルの途中から覗かせてもらったのですが、ヴァイオリンを片づける時、篠崎さんが弓に「ゴシゴシ×5」くらい松ヤニを塗っていたのが印象的でした。私からすればあり得ない量で。あれくらい塗らないと音量が出ないんだろうなぁと思いながら見ていました。
SN3F0044.jpg
↑かなりナナメってますが…。教会の様子です


佐賀に引っ越してからコンサートに行く機会が減っていたので、久々でうれしいコンサートでした
スポンサーサイト

| コンサート・イベント | 10:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ruddypaw.blog31.fc2.com/tb.php/207-b2e91ebe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。